えっ!? 雨の日ってこんなに大変だったの・・

えっ!? 雨の日ってこんなに大変だったの・・

何が大変かって?

それは、保育園のお迎えです。

 

息子は、現在2歳。イヤイヤ期に突入。

 

保育園を出た途端、走り出すタイプです。

手をつないで帰ったのは3回くらいしかありません。

なのでいつもベビーカーに乗せています。

 

しかし雨の日は、抱っこひも。体重はただいま約13キロ。

じっとしてくれるわけでもないので、かなり腰に負担が・・・。

さらに着替えの荷物を持って傘をさす。

すると今度は傘に興味深々で、傘を自分で持とうとする。

 

困っているママ
こはる
うわーっっっ、もう、とにかくじっとしてくれ~

 

と心の中で叫びながら家路につく。

 

じゃぁ、ベビーカーに雨除けカバーをかけて乗せればいいじゃんって思ってませんか?

 

はい。何回もチャレンジしています。

カバーをしめると、必死で出口を探すかのように、

内側からカバーを押す、蹴る、押す、蹴る・・・。

 

そして、なんとかめくりあげようと頑張る。諦めません。

そんなこんなが何回もあって、結局カバーは破れてしまい、それっきり使ってません。

広告

イヤイヤ期の息子は、お部屋に迎えに行って、

こちらの顔を見るなり、ニターッと満面の笑みを見せ、

近寄ってきて抱っこを要求。

一度抱っこして降ろすと、ここからが本領発揮!

部屋の中を縦横無尽に走りまわったり、

おもちゃを出して来たり、洗面台で手を洗いだしたり、やりたい放題。

 

名前を呼んでも全然来ない。

「靴下履こうよ」

「いーやーやー」

「外、寒いからコート着ようよ」

「いーやーやー」

「じゃぁ、もう先に帰るよー」

「いーやーやー」

「じゃぁ、一緒に帰ろうー」

「いーやーやー」

 

てな感じで、やりとりが続くのです。

 

教室のドアから出た途端、案の定、廊下をダッシュ!!

 

「こらっ、待て~~~!」←心の叫び

 

玄関を裸足で降りて、先生に止められるってパターンを、最近は繰り返しています。

 

まぁ、これも個性と考えるべきか。

広告