ガチャガチャ本体をダンボールで手作りしました。レポート編

ガチャガチャ本体をダンボールで手作りしました。レポート編

きかんしゃトーマスカプセルトイを購入して数ヶ月・・・。このまま放置しておくにはもったいない。

そうだ! 子供へのクリスマスプレゼントにしよう!

そう考え、ガチャ本体の制作を開始。1週間でなんとか完成し、無事クリスマスに間に合いました。ふぅ~。

広告

完成したダンボールガチャ

ダンボールで自作したガチャ本体
ダンボールで自作したガチャ本体

完成したガチャ本体が上の画像です(PCの場合、クリックすると大きな画像が見れます)。

コインを投入しないと回せないロック機能付きの本格派!。ただ、うちの子はまだ3歳なので、ロック機能は解除し、コイン投入口を塞ぎ使用できないようにしました。回せば回すだけ出てくるという子供には楽しいガチャマシーンに!!

本体サイズは、高さ約70センチ、幅約25センチ、奥行き約30センチです。(2リットル×6本入りのお茶や水のダンボール箱を積み重ねたサイズ)

特徴1.コイン回収ボックスを装備

自作ガチャ本体 横向き

ガチャ本体を横には、コイン回収ボックスを装備。少し小さめですが、約30枚のコインを収納可能!

特徴2.上部からカプセルの補充が可能

自作ガチャ本体 上部

ガチャ本体上部がフタになっているので、外すだけで簡単にガチャ玉を補充することができます。

特徴3.ショーケース

自作ガチャ本体 ショーケース部分

ショーケースのコーナーは、カーブになっています。硬質プラスチック素材ですが、カーブになっていることで怪我をする心配がありません。カプセル50個入ります。

硬質ファイルの反発力が強いので、フタで抑え込む仕様になっております。

使用したのは、セリアで購入したA3硬質プラスチックファイルです。硬すぎて折り曲げることができず、そのままのカーブを活かしました。

特徴4.ディスプレイ用POP

ディスプレイ用POP挿入可能

ディスプレイ用POPを差し込むことができます(硬質プラスチックとダンボールの隙間部分に差し込みが可能)。

特徴5.故障しても安心

故障しても安心。分離できるショーケースと本体

故障しても安心! ショーケース部分と操作本体部分の切り離しが可能。

操作する本体部分にショーケースをはめ込み、乗せているだけなので、すぐに分離することができます。ショーケースを外せば、本体の不具合部分を目視できるので便利です。

広告

気になるお値段!

100均で購入したのはこの2アイテム!

A3硬質プラスチックファイル 1つ

装飾用テープ2本1セット 2つ

 

ということで、今回かかったお値段はずばり、300円です!!(人件費は除いています)

 

その他の材料

お茶のダンボール(2リットル6本入り)3個

厚み5mmのダンボール箱

あかちゃんホンポのおしりふき16個入りのダンボール2箱使用しました。

白いガムテープ 1本(本体装飾用に使用)

牛乳パック 1個

チップスターの空き箱 1個(ハンドル部分)

ペットボトルでもOK

 

道具

カッターナイフ、カッターマット、セロハンテープ、50cmのものさし、18cmのものさし、両面テープもしくはボンド

広告

改良の余地

実際に作って、完成して、使ってみて気づいた点。

ガチャ玉を落とす距離が長い

ハンドル部分にガチャ玉が落ちる仕組みになっています。ハンドル位置を下にしすぎたので、ショーケースからの距離が長くなってしまいました。ハンドル部分に1個、ハンドルからショーケースまでに3個収まります。

ここの距離が短い方が簡単に作れるんだろうなぁって感じました。

 

ガチャ玉をうまく落とすのが難しい

本物のガチャ本体ショーケースには、撹拌(かくはん)するための棒が入っています。混ぜまぜする棒のことです。ダンボールガチャにも設置したかったのですが、これがなかなか難しく断念。

この混ぜまぜ棒がないと、穴の上にあるガチャ玉同士が均衡を保ったままなので、落ちてこないのです。混ぜることで、この均衡が破られ、ガチャ玉が転がり落ちてくるというわけです。

今回作ったダンボールガチャも、4個目までは順調に落ちてきました。しかし、それからはハンドルを回しても全然落ちてこない。解決策としては、本体を振る! 軽いのでガンガン振れます(笑)。これでバッチリ落ちてきました。

この部分をどう改善するかが今後の課題ですね。

 

コイン回収ボックスの拡大

ハンドル部分を下にしすぎたので、コイン回収ボックスを設置できる場所が狭くなり、小さなものしか作ることができませんでした。

ハンドル部分をガチャ玉出口の真上あたりにすれば、広い空間を得られそうです。

 

 

こはる的まとめ

設計図やイメージ図など、何も考えずに作り上げたので、作業途中に何度も手が止まってしまいました。ざっくりとしたイメージ図だけでも書いてから制作に取り掛かるほうが、スムーズに作業が進むと思います。

子供は、ガチャに夢中! だけど、途中で詰まるので3~4個で打ち止めになります。全部一気にガチャられても困るので、不幸中の幸いになりました。これで1日にガチャれる数を制限できていますから(笑)。

以上、手作りしたダンボールガチャ本体のレポートでした!

広告