絵本『くれよんのくろくん』

絵本『くれよんのくろくん』

以前から、書店や雑誌などで気になっていた絵本です。

図書館の今日返ってきた本と書いてあるカートに、たまたま置いてあったので手に取ってみました。

『くれよんのくろくん』

 

話のあらすじ

新品のくれよんたちは退屈で箱から飛び出したところから始まります。

 

最初はきいろくん。

 

きいろくんは、机の上にある大きなが白い画用紙を見つけ、おおよろこび!

それから、画用紙に絵を描き始めます。しかし、描いた絵には何かが足りません。足りないものを補うため、順番に違う色のくれよんたちを呼んできます。そして、一緒に絵を描き、絵を完成させます。

そこへ、黒色のくれよん、くろくんがやってきます。しかし、「まにあってるよ」と言われ、仲間に入れてもらえず、さみしそうにしていると、シャープペンのお兄さんがやってきて、くろくんを励ました。

 

そうしているうちに、くれよんたちが騒ぎ始め・・・なんと、絵はぐっちゃぐっちゃに。

 

それを見たシャープペンのお兄さんは、くろくんにこっそり何かを伝えます。お兄さんに言われた通り、くろくんは実行します。ほかのくれよんたちは、くろくんの行動にびっくり!

そして、くろくんの描いた絵にシャープペンのお兄さんがひと手間加えると、あら不思議!?素敵な絵が完成します。

最後は、クレヨンたちが、くろくんを仲間はずれにしたことを反省しお礼をいうところで終わります。

 

感想・こどもの反応

イラストがとてもかわいいですよね。ついつい手に取ってしまいたくなります。

それに、子供たちが大好きなクレヨンがテーマになっているので、読んであげると、すぐにトリコになってしまいました。

うちの息子は、今、3歳2カ月です。おうどいろって言葉が気に入ったらしく、

おうどいろくんがきたー!

 

と叫んでいます。

 

あと、クレヨンたちが好き勝手に描きすぎ、絵がぐちゃぐちゃになってしまった場面が好きで、

むすこちゃんイラスト

これ誰がしたの?

と毎回聞いてきます。

 

普段、あまり見たことがないシャープペン。絵本に登場したやさしいシャープペンのお兄さんは、息子の心を掴んでいました。

 

絵本のカバーにシリーズが紹介されており、それを見た息子の目はキラリ!

なぜなら、大好きな電車の絵(くれよんとふしぎなともだち)とトンネルの絵(くろくんとなぞのおばけ)が。


くろくんとなぞのおばけ
くろくんと ふしぎなともだち

くろくんと ちいさいしろくん

 

これも読んで、これも読んでと大騒ぎ。さっそく、図書館のサイトで予約しました。

 

あと、こんなものも見つけてしまいました。クレヨンが可愛すぎる。買って飾っておきたい・・・。

 

くろくんたちとおえかきえんそく くれよんセット

くろくんたちとおえかきえんそく くれよんセット (単行本絵本)

 

広告