絵本『くろくんとふしぎなともだち』

絵本『くろくんとふしぎなともだち』

くろくんとふしぎなともだち

 

あらすじ

くれよんのくろくんが出かけていくと、バスと船に出会いました。くろくんは、「ちょっとはしってみてくれませんか?」と話しかけます。しかし、道路や海がないので走ることができません。そこで、くろくんは大きな画用紙に頭を滑らせ道路や海を作り始めます。

ある日、くろくんの頭がへんこできていることに、他のくれよんたちが気づき、どこへ行っているのか質問します。ほかのくれよんたちも、くろくんと一緒に行きたくなり、みんな一緒にバスやふねがいたところへ出かけていきます。

すると、今度はしんかんせんがいました。くろくんは、いつものように、しんかんせんに声をかけましたが、「あぶないからダメ!」と言って断わられました。

どうしても走るところが見たいクレヨンたちは、大きな画用紙にいろんなものをどんどん描いて繋ぎ合わせて、まちをつくりました。最後に、くれよんたちはくろくんに、レールを書くようお願いします。くろくんは、しんかんせんに「あぶないからダメ!」だと言われたので、困ってしまいましたが、みんなにお願いされ、仕方なく線路を描き始めます。

しんかんせんはソワソワ・・・・。じっとしていられず走り始めてしまいました。

しんかんせんはどんどんスピードを上げて、あっという間にくろくんに追いつき、避けようとして脱線してしまい大怪我をしてしまいます。くれよんたちは、口々に好き勝手を言い、ケンカが始まりました。

すると、しんかんせんの姿みるみる変化していきます。なんと、しんかんせんは粘土でできていたのです。

粘土くんは、今度はトロッコ列車に変身し、ゆっくりと線路を走るのでした。

 

感想&息子の反応

息子が大好きな電車が表紙に描かれています。くろくんが道路や波を描くページには、くろくんが3~4本(体?)描かれていて

むすこちゃんイラスト

くろくん、いっぱいいるねぇ。ここにも、ここにも、ここにも、い~~ぱい!

と、言っております。

見開きページで、時間経過的な場面展開になると、同じ色のくれよんが数本描かれているので、そんな状況をまだわかっていない息子にとっては、くれよんいっぱいってなるんでしょうね。

粘土くんが、トロッコ列車に変身したあと、くれよんたちはトロッコに乗ります。しかし、そこにはくろくんが描かれていないので

むすこちゃんイラスト

くろくんだけ、乗っていない!
なんで乗ってないの?

って、毎回言います。くろくんも、一緒に乗ってほしくてたまらないみたいです。裏表紙には、くろくんもトロッコに乗っている絵が描かれているので、そこを見せて説明をしています。

広告