空気入れに関する注意事項

インテックスサンシェードプールを購入して実際に使ってみた感想

インテックスサンシェードプールを使ってみた感想を書いています。前回は「空気入れ編」をご紹介しました。

「空気入れ編」ではいろいろトラブルがあり、途中、力尽きそうになりながらも、無事入れることができました。

 

関連記事

先日、コーナンで購入したインテックスサンシェードプールを実際に使ったのでご報告します。関連記事インテックスの屋根付きプールをコーナンで購入! プール代節約できるかな? インテックスサンシェードプール[…]

コーナンで購入したインテックス屋根付きプールを実際に使ってみた感想

 

今回は、本編ということで、実際に使ってみた感想をご紹介します。

 

 

ドライヤーという手段を使ったので、空気は家の中で入れました。外に持ち出せば、すぐに使用可能です。

我が家には庭がないので駐車場を使用しました。駐車している車を家の前に少し移動させて、空いたスペースにプールを設置しました。

プールの配置場所

 

サンシェードプールの設置

注意書きより

1.プールを置く付近に破損の原因となるトゲやガラス片、金属片、木片、砂利などがないか、ご確認ください。

砂利もダメらしいので、まずは駐車場の掃除からスタート。掃き掃除の後、水でさっと流しました。駐車場はコンクリートなので、保温アルミシートを下に敷きました

保温アルミシートは、以前ダイソーで購入したもの。フローリングの上にホットカーペット敷く際に敷いて使っていたものです。サイズは約90×180cmで2枚使用しました。

保温アルミシート

アルミシートを敷くことでクッションの役割を果たし、プールの底に膝をついたり、座ったりしても痛くありません。子どもはふざけてて飛び跳ねたり、転んでみたりするので、絶対にあった方がいいですよ。あと、地面からの熱も防げます。

下がコンクリートではなく、お庭のように土であれば、レジャーシートを敷くことでプールの底が汚れにくくなりますよ。

こんな配置になりました。

こんな配置

プールの横にレジャーシートを敷いておくと、休憩する時に便利です。

プール設置

この画像は1回目に設置したもので、ブルーシートの上にアルミシートを敷いて、その上にプールを置いています。そのため休憩場所がなくなってしまった例です(失敗)。息子が写っていたので、いらすとやさんでお借りしました。

使用感や感想

子どもと大人が入っても大丈夫! 余裕です。大人も足を伸ばせます。露天風呂気分です。

屋根があるので日差しをさえぎることができ、暑さをしのげ快適でした。シェードの上にタオルをかけておくと、さらに影ができるのでよかったですよ。ただ、乗せすぎると重みでシェードが倒れるの注意が必要です。

シェード部分に、下から上に向かって水を勢いよくかけると、水がしたたり落ち、噴水のような遊びができます。子どもはめっちゃ喜んでいました。

本体も屋根も空気が少ないとバランスが悪いです。できるだけパンパンに入れた方が安定します。(入れ過ぎには注意です)

広告

インテックスプールの水抜き

 

注意書きより

3. 衛生上、水は毎日取り替えてください。

7. 水を抜く際は、あらかじめ容器などで水をくみ出し、水の容量が少なくなりましたら、プールを傾けて水を出してください。

毎日水を取り替えてくださいということなので、使い終わったら水を抜きます。というか、1回使うとかなり汚れます。出たり入ったりすることも多いので、砂も入っています。もう1回使おうかって気にはなりませんでした。

プールの水を抜く前に、サンシェード(屋根)部分をさっと洗って本体から取り外し、邪魔にならない場所に置いておきます。(今回は、レジャーシートの上に置きました)

 

プールの水抜きは、底に排水用の穴が付いているので、ここの栓を開ければ抜くことができます。

排水用の穴

 

しかし!

そう簡単には抜けません!

 

水圧でプールの底が地面と密着しているので、栓を開けただけでは水は流れていきません。早く排水するためには、排水用の穴があるプール底部分に隙間を作る必要があります。

なにか手頃なモノを挟むか、足を突っ込むか(笑)すれば隙間が作れます。と同時に、注意書きにもあるようにバケツなどで汲み出すと早く水が減ります。

大量の水が入ったままで、プールを倒そうとしても重みで倒せません。290リットルの水ということは、290kgですよ。無理です。というか、プールが破れますのでやめておきましょう。

 

プールのお手入れ

 

プール本体の水が抜けたら、お風呂の湯船のように内側が汚れているので水で洗い流します。側面や底部分も汚れていたら水で流します。

洗い終わったら陰干しがベストです。すぐに使う予定がないのであれば、空気を抜いた方がいいかと思います。抜くのはあっという間です。

私の場合は、次に使う予定があったので空気はそのままにしました(次入れるときが面倒なのでbyずぼらママ)。駐車場奥の家の壁に寄りかかるように干しました。ただ、そのままだとプールが傷ついてしまうので、プールが接する地面と壁部分にレジャーシートを使用しました。

プールの干し方

 

シェードの部分は、タオルで拭いてから家の中で空気を抜き、室内で干しました。

 

プールの保管

 

注意書き

12. 未使用時は必ず水を抜いて雨の掛からない場所に保管してください。

 

本体は、一晩干してから家の中に入れました。それから、あまり使っていない部屋の壁に立てかけて保管しています。空気は入ったままです(毎回入れ直すのは大変なので)。週1~2回ぐらいで使っているのでシーズンが終わったら空気を抜こうと思っています。

 

次に使うときは

 

うちは週1~2回しか使っていないので部屋で放置していますが、少しずつ空気が抜けてきます。空気が少なくなると安定感が悪くなるので、使う直前に空気の補充をしました。

置ける場所さえあれば、インテックスサンシェードプールはオススメですよ。「やっぱり、屋根があるのはいい!」っていうのが一番の感想です。

 

 

広告