こどもの言葉集&絵本のご紹介

こどもの言葉集&絵本のご紹介

いろいろな言葉が話せるようになってきてました。

かわいくて、おもしろくて、楽しいので

忘れないようにメモしました。

広告

2歳の息子の言葉集

「アンパンマン」

パンパンパン → パンパンマン → アンパンマン と変化

「ブロッコリー」 → コッコリー

「きりん」 → きりー

「ゴリラ」 → ごりー

「たまご」 → たーご

「うどん」 → チューチュル

「せんせい」 → しぇんしぇー

「くつ」 → くっくー

「でんしゃ」 → がたんごとん

「くるま」 → ぶーぶー

「ふみきり」 → カンカン

「トンネル」 → ゴー

「バス」 → ばしゅ

「おばけ」 → たわけ

「星」 → キラキラ

「サル」 → しゃる

「手が汚れた」 → おーてーてー おーてーてー

「ありがとう」 → あーとー

「おとうさん」 → とーとー

「おかあさん」 → かーかー

「しんかんせん」 → しんかんしぇん

「ちょーだい」 → こーわい

 

わが息子 大好きなもの

イチゴ

テレビ番組やCMでイチゴが映るだけで、

「いちごー いちごー」って言ってます。

 

最近、冷蔵庫を開けれるようになって、

「いちごー」って言いながら、野菜室のドアをあけて中を物色しています。

恐ろしい・・・。

 

もう少し暖かくなったら、

初めてのいちご狩りへ連れて行こうと思っています。

普段からめちゃめちゃ食べるほうなので、

どれほど、いちごを食べるのか気になるところです。

 

3歳以下は無料だけど、3歳ぐらいの食いっぷりを発揮しそうな気がします。

好きな絵本

 

絵本「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」

表からも裏からも、どちらからも読める絵本です。

クリスマスにいただきました。

何度も何度も読んでいるので、数カ月しか経っていないのに、ボロボロでちぎれそうです。

 

内容は、電車がトンネルを抜けると景色が一変します。

トンネルの入り口と出口には、穴があいている仕掛け絵本です。

そのトンネルから、次のページの景色が見えます。

 

息子は、トンネルの穴に指を入れて絵本をめくっています。

 

トンネルに入ったページになると

ゴー トンネルをぬけると・・・

という文章が出てきます。

 

そのため、「トンネル=ゴー」だと息子は思っているみたいです。

 

トンネルに入ると、電車の中だけが明るいため、車内の様子が描かれているのですが、いつも、泣いている子を見つけては「えんえん えんえん」と言っています。

ねないこだれだ

表紙には、息子が大好きなオバケが描かれています。

 

こんな よなかに おきてるのは だあれ」と、夜中に起きているものを紹介しており、寝ない子はオバケになるよーってお話です。

 

オバケが大好きなので、全然怖がりません(笑)。

 

オバケが好きになったきっかけは、保育園で「おばけなんてないさ」という絵本を読んでもらってからです。

おばけなんてないさ

おばけなんてないさ♪ おばけなんてうそさ♪ ねぼけたひとが♪ みまちがえたのさ♪
って歌いながら読む絵本です。

あまりにも気に入っているようなので、図書館で借りてきたものの、全然離さなくなってしまい困りました。

大好きなのはわかったので、あえて「おばけなんてないさ」を買わずに「ねないこ だれだ」を買ってみました。

広告