湖池屋から発売された新商品、『KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩』を買ってみた。 本当は、『魅惑の炙り和牛』を買いたかったんだけど、売り切れだった。

 

まずはパッケージから。

 

「濃厚のり」なので、緑がイメージカラーになっています。表面はポテトチップスが、お行儀よく並んでいます。裏面には、コンセプトと秘伝の理由が書かれています。

このポテトチップスには、湖池屋のプライド、こだわりが込められているそうです。日本産のじゃがいもを100%使用し、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げまで、料理を作るように、ポテトチップスづくりにこだわっていた創業時代の情熱がこもっています。製法も一切の妥協なく、湖池屋の
プライドをかけて理想のおいしさを追求し、これぞ日本のポテトチップスだそうです。

 

秘伝 濃厚のり塩 ~秘伝の理由~

 

香り広がる日本産100%の青のりを贅沢に使い、

芋の旨味を引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)と、

味わいを引き締める三種の唐辛子(細挽き、粗挽き、焙煎)を絶妙にブレンド。

元祖のり塩の伝統を継ぎながら進化した、正統派ポテトチップス。

 

パッケージのポテチ写真から、ブルボンのプチぐらいの小さなポテチを勝手に想像していたため、普通の大きさだったことに少々ビックリ。

味は、濃厚のり塩といっているだけあって、濃厚。というか、めっちゃ味濃いいやん!! もう少し薄味でもよかったかもーって思いました。あと、のどが渇くので、飲み物は忘れず用意してください。

あと、2種類、味がありまーす。まだ食べてないのでレビューはできませんが、湖池屋のページに以下の内容が書いてありました。

 

 松茸香る 極みだし塩 ~極みの理由~


日高産昆布と焼津産鰹節。

重なり合う二つの旨味を包み込む松茸の香りに、

素材の味わいを引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)を絶妙にブレンド。

日本人の味覚にこたえる、和を極めた新定番ポテトチップス。

 

 

 魅惑の炙り和牛 ~魅惑の理由~


食欲をそそる和牛ならではの濃厚な旨味と、

独特の炙り風味。味を引き締める黒胡椒のキレ。

一度食べたら虜になる、個性派ポテトチップス。

 

「極みだし塩」は、ダシまでならよかったんだけど、松茸の香りっていうところで購買には至りませんでした。「魅惑の炙り和牛」は、店内をグルグル回って探したけど見つからず、店員さんに聞くと売り切れだった。これが一番食べたかったー。今度見つけたら買ってみよう。

広告