初めてのWordPress、メリットとデメリットは?

初めてのWordPress、メリットとデメリットは?

これからWordPressを始めようと思っている方に、WordPressのメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

 

WordPressとは

(基本的なことはもういいやって方は、読み飛ばしてもらっても結構です)

WordPressの公式ページイメージ

WordPress 日本語 【公式サイト】

WordPressとは、Webサイトやブログを作ったり、運営するためソフトウェア(CMS)のことです。

CMSとは?

Contents Management System(コンテンツ マネジメント システム)の略で、テキストや画像などのデータを入力するだけで、Webサイトを自動で構築でき、運営や管理ができるシステムのことです。

 

個人ブログから企業サイトまで、多くのWebサイトでWordPressが利用されています。

WordPress公式サイトイメージ

 

国内の企業サイト(左:cookpad 右:暮しの手帖社)

国内企業のWordPressサイト

 

WordPressの特徴とメリット

 

無料で使える

WordPressはWeb上で無料で公開されています。個人利用はもちろんのこと、商用利用も無料です。

ただし、Webサイトを運営する上で必要なサーバーのレンタル独自ドメインの取得には別途費用がかかります。(詳しくは後ほど)

 

特別な知識がなくてもサイトを作ることができる

Webサイトを作るには、HTMLやCSS、PHPなどの専門的な知識が必要です。しかし、そのような特別な知識がなくても、WordPressの操作方法さえ覚えてしまえば、あとは簡単にWebサイトを作ることができます。(ゲーム機の操作方法を覚えるのに似てますね)

コンテンツの追加や編集、削除などはWordPressの管理画面から行います。

 

WordPressの管理画面(ダッシュボード)

WordPressの管理画面(ダッシュボード)

 

 

デザインの切り替えが簡単

あらかじめ「サイトの構成」や「デザイン」などがセッティングされているテンプレートが、Web上にたくさん公開されています。これを「テーマ」といいます。

このテーマを使えば、簡単にWebサイトの構成やデザインを決めることができるのです。テーマには、無料で公開されているものから有料で販売されているものまでたくさんあります。その中から自分のスタイルに合ったテーマを選び、WordPressにインストールするだけで使うことができます。

また、コンテンツの内容はそのままで、テーマだけを自由に切り替えられるので、サイトデザインをすぐに変えることができます。デザインを変えるだけでサイトのイメージがガラリと変わりますよね。

 

WordPressの標準テーマ

WordPress標準のテーマ

 

必要な機能を追加できるプラグイン機能

WordPressには「プラグイン」という機能があります。

プラグインは、WordPressの使い勝手をよくしたり、使用しているテーマに足りないものを補ったりと、必要なものを必要なときに、追加することができる機能です。プラグインもテーマと同じように、Web上にたくさん公開されています。

 

ノウハウなどの情報がいっぱいある

WebサイトをWordPressで初めて作ろうとしている人にとっては、右も左もわかりませんよね。でも、多くの人がWordPressを利用しているので、検索すればたくさんの情報を見つけることができます。

また、書店などでもWordPressに関連する本がたくさん並んでいます。入門書から専門的なもの、デザインに特化したものなど実に様々です。

 

これからWordPressを始める方へ おすすめする1冊

 

WordPress Codex(公式マニュアル)サポートフォーラム

WordPressマニュアルとサポートページ

 

オープンソース

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラミング言語で記述された文字列:設計図みたいなもの)を無償で公開し、誰でも自由に改良し、再配布ができるようにしたソフトウェアのことです。

WordPressはオープンソースソフトウェアなので、自由にコードをいじることができます。ということは、コードの専門的な知識さえあれば、自分が使いやすいように改造したり、便利なプラグインを開発したり、オリジナルのテーマを作ることも可能です。

自由に拡張できるソフトウェアっていうことですね。

Advertisement

WordPressのデメリット 1

 

運営維持にコストがかかる

WordPress自体は、無料で使えるソフトウェアです。

しかし、WordPressでWebサイトを運営するには、サーバーサイトのデータを保管しておく場所)と独自ドメインサイトのアドレス:URL)が必要です。

 

サーバー

サーバーは自前で用意するのではなく、いろいろな会社が月額数百円程度からレンタルサービスを提供しているのでこれを利用します。

当サイトが使っているレンタルサーバー

  エックスサーバー  

 

 

ドメイン

ドメインもたくさんの会社がサービスを提供しています。

ドメインのイメージ

kohamama」の部分は、自分で好きなようにつけることができます。「.com」の部分は他にも色々な種類(「.jp」「.net」「.info」・・・などなど)があるのでその中から選びます。「.com」で年額1,000円程度です。

当サイトが利用しているドメインサービス

  お名前.com

 

関連記事

 初心者でもわかる! ドメインを決めるポイント! 

 お名前.comでドメインを登録する方法 

 

WordPressじゃなくて、無料のWebサーバーや、無料ブログやサイトを作れるサービスを利用する方がいいんじゃないの?

って思われますよね。

無料のサービスは、ある日突然のサービス停止や、サービス提供の終了データが消失などが起こる可能性があります。また、自分のWebサイトに勝手に広告が表示されたりするデメリットもあります。

ビジネスでWebサイトを立ち上げようと思っているのなら、なおさら、有料サービスを利用することをおすすめします。

せっかく作ったWebサイトは、自分の資産です。しっかり守りましょう。

 

 

WordPressのデメリット 2

 

インストールと設定作業が必要

レンタルサーバーを借り、独自ドメインも取得し、これでやっとWordPressが始められる

 

ドメインいえいえ、まだダメなんです。 

サーバードメイン結びつけてあげないと使えないのです。

 

 

サーバーとドメインの設定

  レンタルサーバー独自ドメインを追加する

  独自ドメインネームサーバーを設定する

 

サーバーを運営する会社ドメインを運営する会社が違う場合は、この2つの設定が必要です。

 

この両方の設定が終わるとお互いが認識できるようになります。

サーバーとドメインの関係

 

 

 

WordPressのインストール

サーバーとドメインの設定が終わったら、今度はWordPressのインストールを行います。

レンタルサーバーには自動インストール機能が用意されている会社もあるので、指示通り行っていけば、迷うことなくインストールできます。

インストールが終われば、ようやく使えるようになります。

 

おわりに

 

WordPressは、自分でインストールしたり、サーバーやドメインの設定をしたりと手間もかかります。運営維持にもコストがかかります。

でも、自由にできることが広がり、好きなようにカスタマイズもしていけます。無料ブログのように、サービスが停止になる心配もありませんしね。

安心してサイト運営を行っていくことができるのが魅力です。

WordPressカテゴリの最新記事