エックスサーバー WordPressを自動インストールする前にやるべきこと

エックスサーバー WordPressを自動インストールする前にやるべきこと

エックスサーバーに用意されているWordPressの簡単インストール機能。

初心者でも手順にどおりに進めるだけで、簡単にインストールができるので、とても便利です。それに、インストールと同時に、使用するデータベースまで自動で作ってくれちゃいます。

 

ちょっと待って!

でも、ちょっと待って!!

 

1つのサイト運営だけを続けていくのであればその方法でOKなんですが、複数サイト運営になると少しやっかいなことに・・・。

 

1つサイトを増やすたびに、簡単インストール機能を使って全部おまかせにしてしまうと、[アカウント名]_wp1[アカウント名]_wp2[アカウント名]_wp3 というようなデータベース名が付けられてしまいます。

これがどうしてやっかいなのかというと、パッと見ただけでは、どのサイトのデータベースか分かりづらいですよね。

でも、こんなに便利な簡単インストール機能を使わないのはもったいない

 

あたふたママじゃぁ、どうすればいいの?

 

それは、インストールする前に、好きな名前のデータベースを作っておくこと!

ただそれだけです。

 

バックアップを取ったり、複数のサイト運営やサーバーを移転する可能性など、先々のことも考えて、わかりやすいデータベース名にしておく方が、安全に作業ができるので安心です。

 

事前にデーターベースを作っていても、ちゃんと簡単インストール機能は使えるので安心してください。

 

では、エックスサーバーでデーターベースを作る方法をご紹介しますね。

データベースを作成する

エックスサーバー WordPressを自動インストールする前にやるべきこと

エックスサーバー で「データベース」の作成をするには、サーバーパネルの「MySQLの設定」から行います。

 

1.サーバーパネルにログイン

エックスサーバーのサイトにアクセスし、ログイン > サーバーパネル をクリックします。

エックスサーバーログイン画面

 

次に、「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力し、ログインをクリックします。

サーバーパネルログインフォーム

 

2.MySQLの追加

サーバーパネルが開いたら、データベース > MySQL設定 をクリックします。

Xサーバー パネルMySQL設定

 

設定画面が開いたら「MySQL追加」タブをクリックし、「MySQLデータベース名」と「文字コード」の入力ができたら、「MySQLの追加(確認)」をクリックします。文字コードは「UTF-8」の設定でOKです。

MySQLの追加

 

確認画面が表示されます。OKであれば「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックします。

MySQLの追加確認

 

「MySQLデータベースの追加を完了しました。」と表示されたら「戻る」をクリックします。

追加されました。戻る。

 

3.MySQLユーザーを追加する

MySQL設定画面が開いたら「MySQLユーザー追加」タブをクリックし、「MySQLユーザーID」「パスワード」「パスワードの確認」を入力します。終われば「MySQLユーザーの追加(確認)」ボタンをクリックします。

MySQLユーザー追加

ここで設定したパスワードは、簡単インストール時に使用するので控えておいてください

 

MySQLユーザーを追加しますか?」と表示されるのでOKであれば、「MySQLユーザーの追加(確定)」ボタンをクリックします。

 

4.データベースとユーザーの紐づけ

MySQLの設定 > MySQL一覧 を表示します。

MySQL一覧

先ほど、作ったデータベースが表示されていると思います。でも「アクセス権所有ユーザー」欄が「ユーザーはいません」になっているので、まだデータベースを使うことができません。

データーベースにユーザーを追加する

アクセス権未所有ユーザー」のプルダウンから作成したユーザーを選択し、その下の「追加」ボタンを押します。

「MySQLデータベースへのアクセス権の追加を完了しました。」というメッセージが表示されたら、「戻る」ボタンを押して一覧を見てみましょう。データベースにユーザーが紐づけされました。

MySQLユーザーの追加

 

以上で、簡単インストール前の準備は終わりです。

少し手間はかかりますが、この先に起こるかもしれない手間に比べるとはるかに楽です。これからWordPressを始めるかたも、参考にしてくださいね。

 

エックスサーバーの簡単インストール機能を使ってWordPressを始めよう

広告