早めが肝心、SSL化!エックスサーバーなら無料!でカンタンに設定できるよ!

早めが肝心、SSL化!エックスサーバーなら無料!でカンタンに設定できるよ!

WordPressを始めるときに必要なのがサーバーですが、エックスサーバーを使っていますか

 

エックスサーバーには独自SSL機能が付いているので、初心者でも超カンタン! に、それも無料で設定することができるのです!

SSL化早めが肝心!

契約したばかりって方は、ちゃっちゃっちゃ~とやっておきましょう!

 

なぜ、早めが肝心なの?

 

「SSL化する」とは、URL つまり サイトアドレスが変わってしまうのです。

どのように変わるかというと、

http://~ から https://~ に変わります。

 

まだブログを始めたばかりの方や、WordPressをインストールしたばかりの方などは、なんの問題もありません。

でも、長くブログを運営している方にとっては、SSL化の作業が終われば「はい、おしまい!」ではないのです。その後にはイロイロな設定が待っているのです・・・・。

 

SSL化後にやること(一例)

  • ブログ内のリンクを修正する。
  • Google Analyticsの登録を変更する。
  • Google Search Console で再登録する。

・・・などなど。細々した修正って面倒くさいですよね。

だから、早め早めが肝心なのであります。

 

SSL化ってなぁに?

 

困っているおばさんそもそも、SSL化ってなぁに?

初心者の方にしたら、なんのこっちゃ・・・です。

 

SSLとは、Secure Sockets Layer を略したもので、インターネット上のデータを暗号化して送受信する仕組みのことをいいます。

 

普通にサイトを見てるぐらいなら、あんまり気にならないと思いますが、個人情報などを入力する場合だと

「セキュリティ大丈夫なんかな?」

「暗号化されてんのかな?」 ・・・なんて思ったりしますよね。

 

SSL化されているかどうかを判断するには、ブラウザーのアドレスバーを見てみましょう。

SSL化のアドレスバー

SSL化されているサイトは、「 保護された通信 | https://~」というように、文字が緑色でカギマークも表示されています。

カギマークを見ると、安心しますね。

 

それに、Google(検索エンジン)さんが、SSL化しているサイトを評価するよって

いっているので、できるのなら早めにやっておいて損はないでしょう。

 

それでは、エックスサーバーでSSL化する方法をご紹介しますね。

エックスサーバーでSSL化する方法

 

1. サーバーパネルにログイン

まずは、エックスサーバーへログインしましょう。ログイン > サーバーパネル をクリックですよ。

エックスサーバーログイン画面

 

ログインフォームが表示されたら、「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力しましょう。

サーバーパネルログインフォーム

 

2. SSL設定をクリック

サーバーパネルが表示されたら、ドメイン > SSL設定 をクリックしましょう。

エックスサーバー サーバーパネル

 

3. ドメイン選択

ドメイン選択画面が開いたら、SSLを設定するドメインを選択します。ドメイン名の右端にある「選択する」をクリックします。

Xserver ドメイン選択画面

 

4. SSL設定の追加

SSL設定画面が表示されたら、「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。

Xserver SSL設定

サイト

プルダウンに「www.kohamama.co▼」と表示されていますが、これはこのままでOKです。

CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する

普通の個人ブログであれば、チェックを入れなくてもOKです。

 

最後に、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックすると、「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。」という画面が表示されます。処理が終わるまで少し待ちましょう。

SSL申請中

 

処理が終わると「独自SSL設定を追加しました。」と表示されます。

SSL化 処理が終わりました。

 

これで、SSL化の設定作業は完了です。

 

SSL化したサイトにアクセス

SSL化したサイトにアクセスしてみましょう。アドレスは「https://~」ですよ。

 

サイトにアクセスしてみると・・・ちょっとコワイページが表示されました。

プライバシー保護が確立していない

 

そうなんです。今まさにSSL化に向けて設定を反映させようとしているので、こんな画面が表示されてしまいました。

エックスサーバーにも「サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。」と書かれてあるので、しばらく経ってから再度アクセスしてみましょう。

 

この画面が表示されなくなったら、SSL化が反映されたましたよ~っていうことがわかります。

 

1時間ぐらいかかると書かれていますが、

実際には20分ぐらいで終わりました。

思ったより早かったよ。

 

WordPress側の設定をする

WordPressの公式ページイメージ

SSL化したあとはURLが変わるので、WordPress側のアドレスも変更してあげましょう。

 

1.ログインする

まずは、ログインしましょう。

WordPressログイン画面

 

2.アドレスを変更する

ダッシュボードが表示されたら、左のサイドバーより 設定 > 一般 を選択します。

ダッシュボード

 

一般設定が表示されたら【WordPressのアドレス】と【サイトアドレス】を変更します。

WordPress アドレスの変更

WordPressサイトアドレスが「http://~」となっています。

SSL化したので、これを「https://~」に修正しましょう。

 

修正が終われば、変更を保存ボタンを忘れずクリックしましょう。

 

変更後

SSL化後のアドレス

 

 

あと、もう少しで終わりますよ~!

 

「http」から「https」へ転送する設定

 

最後は、「http(SSL化前)」のURLにアクセスしても、「https(SSL化後)」のURLへ転送されるように設定しておきましょう。

.htaccess」というファイルの中に、「https」のURLに転送するための記述をするだけ・・・といってもコピペでOKなので、カンタンにできますよー。

 

1.サーバーパネルにログイン(エックスサーバー)

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

エックスサーバーログイン画面

 

2.「.htaccess」の編集をクリック

サーバーパネルが開いたら、ホームページ > .htaccess編集 をクリックします。

サーバーパネル

 

3. SSL化したドメインを選択する

ドメイン選択画面が表示されたら、先ほどSSL化したドメインを選択します。

ドメイン選択画面

 

すると、こんなメッセージが・・・コワイよ~

警告文

「.htaccess」をイジることは、実は、上級者向けの機能なんです。そのため、初心者が触ると危険だ!って警告をしてくれています。

 

でも、大丈夫!コピペするだけだから~

 

4.「.htaccess」ファイルを表示する

警告文の上にある「.htaccess」タブをクリックします。

.htaccessタブをクリック

 

すると、編集画面が表示されました。何やらコードが書かれています。これはイジらないでね。

.htaccess編集画面

 

5.「.htaccess」にコードを追記する

ここが一番大切なところですよー!

 

「.htaccess」編集画面に、次のようなコードを追記します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]</IfModule>

 

追記したのがこちら(ピンク色のところ)

コードを追記

追記する位置は、

元々表示されている「# BEGIN WordPress」の上です。

 

追記できたら、「.htaccessを編集する(確認)」ボタンを忘れずクリックですよ!!

 

6.確認する

確認画面が表示されるので、「.htaccessを編集する(確定)」をクリックします。

確認画面

 

7.完了!

「編集しました」と表示されたら完了です!

完了画面

 

これで、「http」へアクセスしても「https」へ転送されます。

試しに自分のドメインでやってみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、エックスサーバーでSSL化する方法をご紹介しました。

手順通りにやれば、簡単にできちゃいますよね。

 

SSL化するのって、普通なら、お金がかかっちゃったりするんですけど、無料でサービスを提供してくれるエックスサーバーさんて、スゴイです!!

 

エックスサーバー公式サイト

広告