エックスサーバーの簡単インストール機能を使ってWordPressを始めよう

エックスサーバーの簡単インストール機能を使ってWordPressを始めよう

エックスサーバーには、初心者の方でも、簡単にWordPressを始められるように、簡単インストール機能が備わっています。必要な項目を入力していくだけの作業なので本当にあっという間に終わってしまいます。

でもその前に、こちらの記事も参考にしてくださいね。

エックスサーバー WordPressを自動インストールする前にやるべきこと

 

 

それでは、エックスサーバーの簡単インストール機能について解説していきますね。

 

1.サーバーパネルにログイン

まずは、エックスサーバー にアクセスし、ログインをクリックします。

エックスサーバーログイン画面

 

サーバーパネルログインフォームに「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力します。

サーバーパネルログインフォーム

 

サ-バーパネルが表示されたら、画面下の方に「WordPress簡単インストール」という項目があるのでクリックします。

エックスサーバー簡単インストール

 

2.ドメインの選択

 

「ドメイン選択画面」が表示されたら、簡単インストールをするドメインを選択します。

ドメインの選択

 

「WordPress簡単インストール」が開き、「インストール済みWordPressの一覧」が表示されます。

インストール済み一覧

 

3.インストール設定

 

WordPressのインストール」タブをクリックします。

WordPressインストールタブ

 

WordPressの設定に必要な項目が表示されるので入力します。

簡単インストールに必要な項目

インストールURL 基本、空欄のままでOK。

ブログ名 ブログ名を入力してください。(後から変更可)

ユーザー名 WordPressにログインするときに使用します。(変更不可)

パスワード WordPressにログインするときに使用します。(後から変更可)

メールアドレス お知らせなどが届きます。(後から変更可)

データベース

データベースの設定(自動)

自動でデータベースを生成する場合は、そのままでOK。最後に「インストール(確認)」ボタンを押してください。

 

作成済みのデータベースを利用する

事前に作成しておいたデータベースにWordPressをインストールする場合は、「作成済みのデータベースを利用する」を選択します。

作成したデータベースにインストールする

 

「▼利用するデータベースの指定を行ってください」と表示されるので、プルダウンから「データベース名」「データベースユーザー名」を選択し、「データベース用パスワード」を入力してください。

最後に、「インストール(確認)」を押します。

 

4.インストールの確認

 

「インストール(確認)」をクリックすると、確認画面が表示されます。

インストールの確認画面

 

「自動でデータベースを生成する」を選択した方は、「MySQLパスワード」を必ず控えて置いてください。忘れるとデータベースにアクセスできなくなります。

内容に間違いがなければ、「インストール(確定)」クリックします。するとインストールが始まります。

 

5.インストール完了

 

「WordPressのインストールが完了しました。」とメッセージが表示されたらインストールは終了です。

インストール完了画面

 

完了画面に表示されているURLは、WordPressの管理画面のログインアドレスです。「ID」と「PASSWORD」は、管理画面にログインするときに必要なので、絶対にメモをしておいてくださいね。

 

6.WordPressにログイン

 

WordPressにログインしてみる。

先ほどのURLにアクセスします。ユーザー名とパスワードを入力してみましょう。

WordPressのログイン画面

 

ログインするとWordPressの管理画面(ダッシュボード)が表示されます。

ダッシュボードのイメージ

ドメイン設定を行っていない場合は「404 Not Found」となってしまうので、ドメイン設定後、時間をおいてからもう一度確認してみて下さい。

 

いかがでしたか?

簡単にインストールできちゃいましたね。

これから始めるWordPress、楽しんでくださいね。

 

エックスサーバー公式サイト

 

早めが肝心、SSL化!エックスサーバーなら無料!でカンタンに設定できるよ!

広告