神戸の日帰り温泉【銀河の湯】 土日でもゆったりと入れるのでオススメ!

神戸の日帰り温泉【銀河の湯】 土日でもゆったりと入れるのでオススメ!

神戸市北区に位置する「丹生山田の里温泉 銀河の湯」。Kobe天空リゾート みのたにリゾートホテル内にある天然温泉です。高台に位置し、自然豊かな山々を眺めながら、のんびりと温泉に入ることができます。また、夜には無数の星を眺めることができるため、「銀河の湯」と名付けられました。

みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯みのたにグリーンスポーツホテル 

開放感あふれる大露天風呂が疲れた体を癒やしてくれます。

営業時間は10:00~23:00まで、入浴料は大人(中学生以上)平日800円・土日祝900円、小人(4歳以上)400円です。

広告

Kobe 天空リゾート みのたにグリーンスポーツホテル

みのたにグリーンスポーツホテル外観

みのたにグリーンスポーツホテルは、厚生労働省が管轄する船員保険の総合福祉センターとして運営されていましたが、2012年9月に閉鎖。その後、事業の継続が決まったため、株式会社ベイエリアが落札し、リニューアル工事を経て、「Kobe天空リゾート」として生まれ変わりました。

2014年12月に温泉がある温泉棟(銀河の湯とレストラン)、2015年5月にバーベキュー施設がオープンし、2015年7月にホテルの客室や会議室、コンベンションホールなどのメイン棟がリニューアルオープンしました。

野球場やテニスコートなどのスポーツ施設が併設しているので、スポーツの後に温泉に入いることができ、疲れた体を癒やすことができます。

2018年4月にバーベキュー場「天空バーベキュー」がオープンし、手ぶらでバーベキューを楽しむことができます。大自然の中で味わうバーベキューは格別ですよね。バーベーキュー利用の方は、200円引きで温泉を利用することができてお得です。

銀河の湯はどんな温泉?

銀河の湯 駐車場からの眺望

銀河の湯は、丹生山系の自然豊かな標高280mの高台にあります。夏でも、比較的涼しく「神戸の軽井沢」と呼ばれているそうです。冬は、神戸市街地よりも3~5℃平均気温が低くなります。

天然温泉は地下1200mから毎分330リットル湧出しています。泉質は、万能の湯といわれる弱放射能泉(ラジウム・ラドン)で、湧出温度は37℃。体温に近い温度なので、長く入ることができます。また、「銀河の湯」はPH値は8.5、PH値7.5以上で「美肌の湯」といわれるので、肌にいいこと間違いなしです。本当にお肌ツルツルになりますよ。

泉質弱放射能泉(ラジウム・ラドン)
効能療養泉の一般的適応症(浴用)

筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、
軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病復期、疲労回復、健康増進、泉質別適応症、高尿酸血症(痛風)、関節リウマチ、強直性脊椎炎など

 

「銀河の湯」に一番近い駐車場は?

銀河の湯に一番近い駐車場は

一番近い駐車場は、一番奥の駐車場です。

初めて訪れた際、どこに停めればいいのかわからず、温泉の入口から一番遠い駐車場に入れてしまい、テクテク歩くはめに・・・。

下の画像は、公式ホームページからお借りしました。

駐車場マップ

 

「銀河の湯」に一番近い駐車場は「③」です。下調べもせずに行ったので「①」に停めてしまいました。そこからホテルの建物まで歩いていくと、なんと正面玄関前にも駐車場がありました(②)。

正面玄関よりも、さらに奥まで道路が続いており、停まっている車も見えたので歩いていくと、ホテルの建物を曲がった先に、なんと「銀河の湯」の入り口発見!(③)。坂の上に建つホテルなので、「①」の場所からは「②」と「③」の駐車場は全く見えませんでした。

第1駐車場あたりから見たホテルの建物

第1駐車場から見たグリーンスポーツホテル

 

「銀河の湯」がある温泉棟

銀河の湯 入口

「銀河の湯」がある温泉棟には、温泉の他にレストランの「銀河亭」があります。温泉に入った後の休憩スペースにもなっています。

温泉棟のマップ

 

入口周辺

銀河の湯入口付近

一番奥の駐車場(③)に停めると、すぐに入口があります。入口横には、芝生のキッズスペースがあり、すべり台やトンネルなどが置かれています。8月はビニールプールも置かれていましたよ。

キッズ広場

 

入口の反対側(正面)付近には足湯(屋根があるところ)も設置されていました。

入口付近の足湯

 

券売機で入浴券を購入

営業時間と利用料金

玄関を入るとすぐに下駄箱が置いてあるので、靴を収納します。右手奥に進んでいくと、壁際に券売機があるので入浴券を購入します。

購入後、角を右に曲がると受付です。クーポンがある場合、受付で見せましょう。

ニフティ温泉でクーポンが手に入ります。(最新情報はこちらで確認を)

・【2人以上利用限定】日帰り入浴100円割引クーポン 平日限定/大人限定
・オリジナルタオルと歯ブラシセットのプレゼントクーポン

クポーンの併用不可です。

 

下駄箱の鍵は、受付に預ける施設もありますが、ココは自分持ちなので失くさないようにしましょう。

 

脱衣所

 

脱衣所と洗面台
みのたにグリーンスポーツホテル

 

脱衣所にあるロッカーは、最初から鍵がささっているタイプです。好きな場所を利用できます。ロッカールームの反対側は洗面台やドライヤーなどがあるサロンスペースになっています。

私が行ったのは、日曜日の13時頃と、15時頃の2回です。日曜日なので混んでるのかなぁって思いましたが、まったく混んでおらず、ゆっくりと過ごすことができました。意外に穴場なのかなぁ・・・なんて思っています。

広告

内風呂

お風呂場に入ると、右側にかけ湯とシャワーが2基(ヘッドが固定されていて、立ったまま浴びるシャワー)あります。少し進むとサウナがあります。左側は洗い場になっています。

洗い場はプッシュ式でお湯がでます。すぐお湯が止まるので何回も押すのが少し面倒でした。場所によって、シャワーから出るお湯の勢いが全然違います。

 

内湯から見たお風呂場

上の画像は、内湯から入口を見たものです。大きな湯船の横(奥側)に小さな湯船が3つあります。大きな内湯は少し熱め。といっても40℃ぐらいかな。すぐ隣りが「源泉」の湯船。こちらは、温度が低めなので冷たく感じられます。あふれ出たお湯は、両サイドの湯船に流れるようになっていました。大人が4、5人入ると満員になるので、「混雑時は譲り合いましょう」と書いてありました。

「源泉」の隣りはジェットバスになっていて、寝ながら入ることができます。定員は2名です。その横は水風呂です。

 

露天風呂

外にでると露天風呂があり、高台からの景色を満喫することができます。露天風呂の手前側もジェットバスのようにお湯が勢いよく出てるので、腰に当てることができますよ。また一番奥には「寝湯」があります。寝転んでいると、ちょろちょろとお湯が背中を流れていきます。

 

入口を入って左側には「うたせ湯」がありました。2基あったのですが、1つは故障中でした。「最初は冷たい水が出ますが、しばらくするとお湯がでてきます。」という内容の紙が貼ってありました。

 

試しに打たれてみるかと思い、ボタンを押してみると、説明どおり水が出てきました。出てくる水の勢いはめっちゃ強く、肩こりに効きそうな感じだったので続けていると、徐々に水からお湯に変わっていきました。しかし、どんどん熱くなる・・・こりゃ無理っていうぐらい熱くてヤケドしそうだったので途中リタイヤとなりました。

 

湯上がり

脱衣所と洗面台
みのたにグリーンスポーツホテル

サロンスペースには、ティッシュ、綿棒、化粧水なども置かれているので、手ぶらでも大丈夫。ドライヤーは大きめサイズですが、風力はやや弱めです。

広告

レストラン「銀河亭」 くつろぎ処

お風呂から上がったあと、受付の前を通り抜けそのまま進むと「くつろぎ処」兼「レストラン」でもある「銀河亭」があります。飲み物とアイスクリームの自販機も置いてあるので、そちらで買って持ち込んでもOKです。

中は、畳とテーブル席ゾーンに分かれています。畳ゾーンの一角にはキッズコーナーがあり、おもちゃも用意されているので、小さなお子さんがいる場合はめっちゃ助かりますよ。キッズスペースを囲えるようにフェンスも置いています。

たたみ表が少し傷んでいるようで、服に擦り切れて畳の粉がつきました。

 

銀河亭のキッズコーナー

 

ここでお昼ご飯をいただいたのですが、写真を撮るのを忘れました(笑)。注文したのは「神戸ポークしゃぶしゃぶ定食」「牧場コロッケ定食」「牧場ミンチカツ定食」です。代わりにメニューを撮りました。どれもおいしくいただけました。

 

銀河亭のメニュー

 

メニューの横に券売機があるので食券を購入し、カウンターへ渡します。番号札を渡されるので、呼ばれたら取りに行きます。お茶やお水、お手拭きなどはセルフです。

子供用の取り分け皿やスプーン、フォークなども用意されています。ただ、スプーンとフォークは少し大きめサイズ。小さいお子さんだと使いにくいので自前がおすすめです。

うちの子は3歳で、フォークより箸が使いたい年頃らしい・・・。家ではエジソンの輪っかが付いている箸を使っているので、外出するときは、とりあえず持参しています。この箸があると自分で食べてくれるので楽です。

 

アクセス

みのたにグリーンスポーツホテル外観

「銀河の湯」がある「みのたにグリーンスポーツホテル」へのアクセス。三宮から無料送迎バスもあります。

施設情報

住所兵庫県神戸市北区山田町原野1-1

アクセスJR三宮駅南ロータリーより無料送迎バスで30分 /神戸電鉄箕谷駅からタクシーで約10分

三宮:
車以外/地下鉄三宮から谷上駅へ、神戸電鉄乗換え箕谷駅 タクシー10分
車/新神戸トンネルで箕谷出口 約10分~箕谷出口~箕谷出口右折→原野南交差点右折約300m先ホテルゲート右折

大阪:
車以外/JR三宮駅地下鉄乗換え→地下鉄谷上駅下車
車/阪神高速11号~中国道~阪神高速7号北神戸線箕谷JCT~箕谷JCT~箕谷JCT右折→原野南交差点右折約300m先ホテルゲート右折

送迎送迎あり(条件あり)

※「JR三ノ宮駅」南側ロータリーまたは神戸電鉄「谷上駅」より無料送迎バスあり
時刻表はHPをご参照ください。

駐車場無料
ホームページhttp://minotani.jp/

 

広告