エックスサーバーでお名前.comのドメインを使えるようにする方法

WordPressを始めるに必要な サーバーのレンタル と ドメインの取得 は、もうお済みですか?

でも、ただ借りて取得しただけでは、まだ使うことができないんですよね~。

 

当サイトでは、エックスサーバー お名前.com を使用していますので、この2つの会社を例に説明しますね。

お名前.comで取得したばかりのドメインをブラウザーのアドレスバーに入力し検索してみると、下記ように表示されます。

お名前.comで取得されています。

まだ、な~んにも設定していないので、このドメインはお名前.comで取得されていますよっていう情報しか出てきません。エックスサーバーの「エ」の字も出てきませんよね。

 

エックスサーバーでお名前.comのドメインを使えるようにするには、2つの設定が必要なんです。

 

  1. サーバー側ドメインを追加する(エックスサーバー)
  2. ドメイン側ネームサーバーの設定をする(お名前.com)

 

困っているおばさんうわぁ~、またかいな。
おばちゃんは「ネームサーバー」って言葉、聞いたことないわ。

ネームサーバーを簡単に説明すると、ドメインをサーバーの場所に結び付ける機能のことをいいます。

サーバーとドメインの関連付け

お互いが認識し合えば使えるようになるのです。

 

では、どうやって設定するのかを解説していきますね。

エックスサーバーでドメインの追加設定をする

Xサーバーのサイトイメージ

まずは、エックスサーバーでドメインの追加設定を行います。

 

1. サーバーパネルにログイン

エックスサーバー のサイトに接続します。

メニューバーの左端にある「ログイン」にマウスポインタを合わせ、メニューより「サーバーパネル」をクリックします。

エックスサーバーログイン画面

 

ログインフォームが表示されるので、「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力します。

サーバーパネルログインフォーム

 

インフォパネル用

IDとパスワードではログインできませんからね~。

間違えないでくださいね~。

 

2.ドメインの追加設定する

サーバーパネルが表示されたら、右端にある「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバー サーバーパネル

 

ドメイン設定が表示されたら、「ドメイン設定の追加」タブをクリック。ドメイン名の入力が終わったら「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンを押します。

エックスサーバー ドメイン追加設定

ドメイン名

取得したドメインを入力。「.com」の部分まで必ず入力してください。(例:kohamama.com )

無料独自SSLを利用する

SSLを簡単に説明すると、サイトデータを暗号化してやりとりすることをいいます。

デフォルトではチェックが入っていますが、今の段階では、お名前.com側でネームサーバーの設定を行っていないので設定することができません。

チェックを入ったままでも問題ありませんが、ドメイン設定の確認画面で「SSLの設定に失敗しました。」と表示されるのが嫌な方は外して置いてください。

お名前.com側の設定が終わったら、SSL化の設定を行います。

3.追加したドメインを確認する

以下のドメイン設定を追加しますか?」という確認画面が表示されるので、OKであれば、「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンをクリックします。

Xserver ドメインの設定

 

4.設定完了画面

「設定が完了しました」と表示されたら作業は完了です。独自SSLにチェックが入っていた場合は、「失敗しました」とメッセージが表示されますが、あとから設定するので心配無用です。

Xserverドメインの追加完了

 

以上で、エックスサーバー側のドメインの追加設定は終わりました。次は、お名前.comでネームサーバーの設定を行います。

広告

お名前.comでネームサーバーの設定をする

お名前.comのイメージ

次は、お名前.comでネームサーバーの設定を行っていきます。

 

1.お名前.comにログイン

まずは「お名前.com 」のサイトへ接続します。

メニューバーの左上にある「お名前.com Navi ログイン」をクリックします。

お名前.com ログイン

 

ログインフォームが表示されたら「お名前ID」と「パスワード」を入力します。

お名前.com ログイン

 

ログインするとドメインの契約更新画面が表示されます。今はネームサーバーの設定がしたいので、メニューバーの「ドメイン」をクリックします。

ドメイン更新画面

 

更新手続きをお忘れではございませんか?」というメッセージが表示されますが、無視して大丈夫です。「更新画面から移動する」をクリックします。

更新お忘れ確認画面

 

2.ネームサーバーの設定

次に、取得したドメインの一覧画面が表示されます。

ドメイン一覧

ドメイン名の右側が「ネームサーバー」の設定状態を表しています。まだ、設定を変更していないので「初期設定」と表示されているので、ここをクリックします。

 

ネームサーバー設定が表示されたら、「対象ドメイン」が間違っていないか確認をしましょう

ネームサーバーの設定

 

次に1から順に見ていきます。

ネームサーバーの設定

1.ドメインの選択

設定するドメインにチェックが入っていればOK。

2.ネームサーバーの選択

その他のネームサーバー」を選択します。入力フォームが表示されるので、「+」ボタンをクリックして枠を5番目まで表示しておいてください。

ネームサーバー入力フォーム

 

エックスサーバーの「ネームサーバー」は5つ。

ns1.xserver.jp

ns2.xserver.jp

ns3.xserver.jp

ns4.xserver.jp

ns5.xserver.jp

 

これを、先ほどのフォームに入力します。入力が終われば、「確認」ボタンを押してください。

お名前.com ネームサーバー設定

 

ちょっと待って!

その情報はどこに書いてあるの?

って思いますよね。

 

この情報は、エックスサーバーのサーバー情報に書かれています

サーバーパネル > サーバー情報 をクリックすると「ネームサーバー」の情報が表示されます。

Xserverサーバー情報

 

3.ネームサーバー設定を確認する

確認画面が表示され、問題がなければ「OK」をクリックします。

ネームサーバー確認画面

 

設定完了画面が表示されます。

設定完了

 

サイトにアクセスしてみる

 

ネームサーバーを切り替えたあと、サイトにアクセスするとどうなるか見てみましょう。

ネームサーバー切り替え後

 

エックスサーバーのページが表示されました。まだ何にもファイルをアップロードしていないので、こんな画面が表示されています。

でも、きちんとネームサーバーが切り替えられたという証拠なので大丈夫です。

 

最後に、どうせならSSL化の設定をしておきたいですよね。SSL化の設定をするとサイトアドレスが変更になってしまうので、初期段階でやっておくのが一番です。

SSL化についてはこちらの記事で紹介していますのでご参考ください。

早めが肝心、SSL化! エックスサーバーなら無料!でカンタンに設定できるよ!

 

広告